Top > アサルトライフル > AEK973

アサルトライフル/AEK973
HTML ConvertTime 0.026 sec.

AEK973_R.jpg

武器ステータス Edit

実装日精度威力射程
距離
連射力安定性機動性弾薬数
2018/06/0668496146437630/90

ダメージリスト Edit

部位ダメージ量
104
41
37
26
26
117

アドバイス Edit

1~5発目は素直な垂直方向の反動
 →比較的リコイルのコントロールがしやすい
6発目以降は左右横方向の反動
 →サイドステップをしているプレイヤーやしゃがみ撃ちのプレイヤーでも
  左右の幅が少々キツいため、頭1発or胴3発で敵を倒すことを心掛けよう。

参考動画 Edit

引用元 robot-penguin様(wiki掲載許可済)


銃器紹介 Edit

 AEK-971は、ソ連/ロシアのコブロフ社によって開発されたアサルトライフルである。1980年代にSergey I. Koksharovによって設計された。標準モデルでは5.45x39mm弾を使用する。2015年4月、ロシア国防省はAK-12とともにAEK-971の選定を公表した。
AKシリーズでは低い発射レートによってフルオート射撃時の制御性を確保していた。しかし、その安定志向がたたって内務省スペツナズの隊員などから「レートが低すぎるため至近距離での打ち合いで撃ち負ける可能性がある」との意見が上層部に寄せられた。また、AK-74から採用された5.45x39mm弾は、それまでの7.62x39mm弾と比べてストッピングパワーが大きく劣っており、敵を倒す場合には最低限でも2発を命中させる必要があった。そのため、次期主力小銃を選定するアバカン計画(英語版)に提出された3丁の候補には以下の特徴がみられた。
 1.2点バースト射撃を搭載していること
 2.それまでの主力小銃より高いレートであること
 3.高い耐久力は保持したままであること
以上の条件に当てはまるよう、コブロフ社はできる限り単純な機構で高レートでありながら制御しやすく、なおかつ安価で高い耐久性を実現させることに重点を置いた。外見からも分かる通りAKシリーズの流れをくんでいるが、本銃にはおもりを使用して反動を相殺する機構が採用されている。これは、ガスポートから拾い上げた燃焼ガスでピストンとおもりを同時に動かすことでボルトの作動による反動を打ち消すことができる。この機構を実現するために、従来のAKシリーズではガスポートの位置がハンドガードよりだいぶ前についていたところを、本銃ではハンドガードの先端部分にガスポートが存在し、本来ピストンが収まっていた銃身上部のシリンダーはおもりが収まるケースとなっている。

コメント Edit

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 実銃と違って2点バーストが困難になってます -- 2018-06-07 (木) 23:41:01
  • 913でなく973ですね。
    ページ内検索で出てこなかった訳です -- 2018-06-07 (木) 23:40:28
    • ただいま修正いたしました。 ご指摘ありがとうございます。 -- 副管理人? 2018-06-07 (木) 23:42:44
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White