Top > アサルトライフル > M4 CUSTOM

アサルトライフル/M4 CUSTOM
HTML ConvertTime 0.031 sec.

m4custom.jpg

武器ステータス Edit

実装日精度威力射程
距離
連射力安定性機動性弾薬数
2017/10/1383356172858330/90

※性能数値はSteam版のもの

ダメージリスト Edit

  • 通常時
    部位ダメージ量
    75
    33
    29
    19
    19
    110

  • サイレンサー着用時
    部位ダメージ量
    72
    32
    28
    18
    18
    105

アドバイス Edit

  • メリット
    • リコイルの回復時に妙な間が発生する
    • ヘッドショットの威力がやや高い(ヘッドショット1発+胴体or胸部1発で致死量)
    • グレネードランチャー搭載
    • リコイル回復時の仕様から、リコイルコントロールが容易に出来る

  • デメリット
    • リコイルの回復時に妙な間が発生する
    • 連射速度がほんの少し遅い
    • 射撃し続けた時(5発以上)のリコイル回復時、カクンっと下に落ちるような回復の仕方をする

  • 総評
    メダルでの購入が可能な、バランス系アサルトライフルの代名詞であろうアサルトライフル。
    このゲームでも威力と安定性のバランスが取れており、非常に扱いやすい銃となっている。
    連射力が安定系アサルトライフルにほんの少し劣るが、ヘッドショットダメージが7割弱、胴体周りの必要致死弾数は基本4発と威力の高さで十分カバーできる。
    リコイル回復時は、照準位置で一瞬フリーズしてからリコイルが回復し始める仕様に加えて、回復速度に段階変化がある。
    初期位置から一定の範囲(狭い)まではリコイル回復がゆっくりで、一定の範囲を超えた状態の回復は速いという2段階方式。
    このリコイル回復仕様から、撃ち始めのリコイルコントロールが容易に出来るのは強み。しかし、威力の影響か反動はそれなりにあるので、
    5発以上の射撃を行った時のリコイル回復時は、カクンっと勢いよく下に落ちていくので気を付けたいポイント。


参考動画 Edit

引用元 robot-penguin様(wiki掲載許可済)


銃器紹介 Edit

第二次世界大戦に採用されたM1/M2/M3に続いて4番目にアメリカ軍に採用されたカービン銃。カービン(Carbine)とは、本来歩兵用小銃より銃身が短い騎兵用小銃の事だが、現在では概ね「小型のライフル」を意味する。
M4カービンはM16A2アサルトライフルの全長を短縮し軽量化したM16A2の直系の派生型で、M16A2とは約80%の部品互換性を持つ。
他のアサルトカービンと同様にM4はコンパクトで、フルサイズのM16と比べて取り回しがし易いため、一般部隊での使用に留まらず、特殊部隊、や空挺部隊による特殊任務にも幅広く使用されている。1998年にはアメリカ陸軍でM16A2の後継に、2015年にはアメリカ海兵隊でM16A4の後継に選定されており、現在ではアメリカ軍兵士の大半がM4を装備している。
また、軍に残存しているM3サブマシンガン(これは主に戦車乗員の自衛用に装備されている)もM4に置き換えられる予定だという。M4は、初期のM16の小型版であり1960年代のベトナム戦争時に開発、使用されたXM177との類似点も多いが、細部が異なっている。
※Wikipadiaより引用
グレネードランチャーはおそらくM203グレネードランチャー

コメント Edit

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • DLCレビューによるとM4らしい感じ強くもないし弱くも無いバランス銃らしい -- 2017-10-17 (火) 10:05:09
  • M4欲しいけどDLC高すぎる -- 2017-10-17 (火) 16:44:32
    • セール狙うと1000円以下になるで -- 2018-01-15 (月) 11:15:30
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White