Top > アサルトライフル > M4 CUSTOM

アサルトライフル/M4 CUSTOM
HTML ConvertTime 0.033 sec.

m4custom.jpg

実装日精度威力射程
距離
連射力安定性機動性弾薬数
2017/10/1383356172858330/90

ダメージリスト Edit

0距離基準

部位ダメージ量
75
33
29
19
19

また、クリティカルは110

アドバイス Edit

  • メリット
    • 初弾から10発程度まで横ブレが発生しないため圧倒的な安定度を誇る
    • HSのダメージが75、胸が33、腹が29で固定のため近距離では頭に一発でも入ればほとんど2発で倒すことも可能

  • デメリット
    • 安定感はあるが近距離ではサブマシンガンの連射力に分があるため戦闘距離が中距離となる
    • こちらはHSが一撃ではないためAK12やSR47に頭を当てられれば勝ち目がなくなる
    • サイトの倍率が他のアサルトより高いわけでもなく射程距離が長いわけでもないのでスナイパーを狩ることは難しい


  • 総評
    AKやSR47の反動に慣れない場合はおすすめの銃となる。爆破では接敵するであろう場所にグレポンを撃って敵のHPを減らしてから戦うなどして常に優位に立つ意識をして立ち回る必要がある。
    近距離ではサブマシンガン、AKに分があり、遠距離ではダメージ量が減るため中距離を意識した立ち回りを目指そう。正面から戦うとどうしても不利になってしまうのが安定銃の弱み。


銃器紹介 Edit

第二次世界大戦に採用されたM1/M2/M3に続いて4番目にアメリカ軍に採用されたカービン銃。カービン(Carbine)とは、本来歩兵用小銃より銃身が短い騎兵用小銃の事だが、現在では概ね「小型のライフル」を意味する。
M4カービンはM16A2アサルトライフルの全長を短縮し軽量化したM16A2の直系の派生型で、M16A2とは約80%の部品互換性を持つ。
他のアサルトカービンと同様にM4はコンパクトで、フルサイズのM16と比べて取り回しがし易いため、一般部隊での使用に留まらず、特殊部隊、や空挺部隊による特殊任務にも幅広く使用されている。1998年にはアメリカ陸軍でM16A2の後継に、2015年にはアメリカ海兵隊でM16A4の後継に選定されており、現在ではアメリカ軍兵士の大半がM4を装備している。
また、軍に残存しているM3サブマシンガン(これは主に戦車乗員の自衛用に装備されている)もM4に置き換えられる予定だという。M4は、初期のM16の小型版であり1960年代のベトナム戦争時に開発、使用されたXM177との類似点も多いが、細部が異なっている。
※Wikipadiaより引用
グレネードランチャーはおそらくM203グレネードランチャー

コメント Edit

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • DLCレビューによるとM4らしい感じ強くもないし弱くも無いバランス銃らしい -- 2017-10-17 (火) 10:05:09
  • M4欲しいけどDLC高すぎる -- 2017-10-17 (火) 16:44:32
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White