Top > アサルトライフル > SR47

【sWIKI】からのお知らせ
1月17日迷惑行為予防の機能強化を行いました。編集、コメント投稿時「送信内容にNGワードが含まれています。」と表示され解決されない場合は恐れ入りますがお問い合わせより御連絡頂けますよう宜しくお願い致します。
アサルトライフル/SR47
HTML ConvertTime 0.021 sec.

weapon_03.png

実装日精度威力射程
距離
連射力安定性機動性弾薬数
2016/11/1765448157427630/90

アドバイス Edit

現在ではガチャのみで入手可能12/14のアップロードでショップ販売開始
メリット
威力が高く頭の端っこに充ててもヘッドショットになる
胸撃ちでも3発で殺せる
精度もよい


デメリット
連射があのAKよりも遅い
反動が結構でかい
集弾が悪い

3発ずつのタップで撃ちましょう

銃器紹介 Edit

SR-47は、US SOCOMの要請を受けてナイツ社が開発した、AR15ベースの突撃銃である。使用弾薬は旧ソ連で開発された7.62mm×39弾であり、AK47の弾倉をそのまま装着できるのが最大の特徴。
弾倉の着脱はAK同様のパドルがマガジンハウジングに内蔵され、マガジンリリースボタン操作によって内部パドルのキャッチを解除することでAR15と同様にボタン操作だけで弾倉を脱落させることが可能になっている。また一方、従来のAK用弾倉では、最終弾発射後にボルトを後退位置に留めるボルトストップ機能を連動させる事ができないが、弾薬を押し上げるフォロワーを改修した専用弾倉を使用すればボルトストップが機能するようにも設計された。
弾倉は、標準的なAK47用の他、RPK用の40連弾倉も使用可能。銃身には、オーバーメイヤー・バレル製のカスタムバレルが用いられ、フォアエンドをFFRASとすることでフリーフローティングバレルとし、ナイツ製の7.62mm×39弾専用サプレッサーも用意された。
SR-47はわずか7挺のみが製造され、6挺はSOCOMがトライアル用に購入し、残る1挺はナイツ社の博物館に保管されている。
2012年、アメリカのロックリバーアームズは、SR-47に酷似した「LAR-47」なる民間用モデルを発売している。

コメント Edit

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • AK12よりもバースト射撃が容易。しかし独特の横ブレがあり継続的な射撃や遠距離での打ち合いはすこし辛い。 -- 2017-01-02 (月) 11:14:25
お名前:

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White